つかの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 野坂岳

<<   作成日時 : 2018/12/03 14:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

野坂岳 (のさかやま:914m)

 2018・12・2 (日)
 晴れ
 ADご夫婦、つか
 敦賀市 山
画像


ナツエビネ以来の野坂岳。貴重な山日和の中、久し振りに「山コース」を歩いてみます。
今日はこのコースは初めてのADご夫婦と同行します。
いこいの森登山口に車を一台置き、山集落へ向かいます。

【8:50】 ここはあまり歩く人がいないと思いきや、いこいの森同様多くの車が止まっておりびっくりです。
画像

身支度をして出発します。まだ日差しが無く寒いです。
画像

登山口の沢には工事用の橋が少し上流にかけられていて、楽に渡れます。(工事後も残してほしいな〜)
2回目の渡渉には、送電線張替え工事でモノレールが設置され、この上も通れますが、私と奥さんは沢を渡りました。
画像

沢に沿って進み、ペンキマークと火の用心bS35の所で右折して尾根に取り付きます。
ここまでテープ等も多くあり、野坂岳への標識は無いが迷う感じはしませんでした。
画像

ようやく朝の光が回ってきて、一気に体が温かくなり衣服調整。
画像


【9:25】 第一鉄塔に出ます。展望が開け、山頂部も少し見えてきます。
画像

青空の下、次の鉄塔へ向かいます。
画像

ここはサルトリイバラの赤い実がたくさんあります。
画像

第二鉄塔から敦賀市街の展望が広がります。
画像

近くの岩籠山ですが、山頂がどこかよくわかりません(泣)
画像

第三、四鉄塔が見えています。第三への上りがきつそうだな〜。
画像

ナツツバキの美肌。
画像

オオイワカガミの葉脈が赤く染まり血管のように見えます。
画像


【10:00】 ジグザグの急登を頑張れば、大きな岩がある第三鉄塔。ここでおやつ休憩にします。
画像

今日は雲一つない青空が広がります♪
画像

ここからは楽しみなブナ林ロードになります。もうすっかり葉を落としています。
画像

ヌシに当たるブナの巨木です。
画像

これもでかいです。
画像

主稜線に出れば、冬枯れのブナロードになります。野坂ブルーに映えますね♪♪
画像
画像

ナメコを期待したが、こんなのしかありませんでした。
画像

何に見えるかな。
画像


【10:30】 最後の第四鉄塔に有ったモノレールのトロッコ。最大積載量は200kgと書いてあります。
画像

ブナ林にはオオイワカガミがあちこちでびっしりです。来春にはぜひ訪れてみたいです。
画像

P797mを過ぎれば、ゆるゆるの稜線歩きが楽しめます。
画像

下草もなく、若狭の山らしいですね。
画像

気持ちの良い歩きです。
画像


もう少し楽しみたかったが、山頂直下の急登に差し掛かります。
先行のグループに追いつきます。
画像

一旦、水平のリョウブのトンネルに入りヤレヤレ。
画像

唯一残っていた紅葉。
画像

ここにもサルトリイバラがありました。
画像

山頂が目の前です。
画像

遠くに白き白山が顔を覗かせてくれます。
画像

琵琶湖も見えていますがキラキラでよく見えません。
画像


【11:15】 山頂に出ます。
画像

白山に若狭湾の常神半島。
画像

画像

さすが師走。風が冷たく、あっという間に体が冷えてきます。がんばって食事をしている方も多いですが、私たちは我慢できず、風当たりの少ない所を求め表道を下ります。(小屋は満員御礼でした)
三の岳のブナ林の下で食事とします。風も当たらずゆっくりできましたよ。
画像

昼になっても野坂ブルーが広がっています。
画像


【12:30】 そろそろブナ坂を下ります。
画像

二の岳、一の岳と淡々とやり過ごしていきます。まだこの時間でも結構登ってくる人とすれ違いました。
シロダモ。二年越しの結実です。
画像

橡の木地蔵さん。
画像


【13:45】 いこいの森へ無事下山です。
画像


2年ぶりの山コース。出だしは殺風景な鉄塔巡視路ですが、スカイブルーと初めて見るモノレールに目を奪われ、すんなり稜線に出れた感じです。
その後のブナ林とイワカガミの大群落には感動ものでした。その反動か、いつもの表道の下りは淡々としたものになってしまいました。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 つかさん達は野坂‼でしたか
山集落へは下山をとった事がありましたが
登った事はなかったです
送電線張替工事のモノレールが
長くのびていて、3人で乗っても
重さには楽々耐えられそう(笑)
ですね
ごもっ友
2018/12/03 16:56
昨日は、家の外回りを・・・と、
思ってましたが、あまりの好天に
小浜まで走らされました・・・
山なら喜んで行きますが・・・?
それにしても山コースも登る人が
多くなってるんですね・・・
もっさん
2018/12/03 18:45
12月とは思えない快晴でしたね。
私は室内イベントで空を見てため息でしたよ
一歩二歩山歩
2018/12/03 19:49
☆ ごもっ友さん

送電線鉄塔の上も伐採され展望が良いので、上りでもそんなに苦になりませんでした。
モノレール、平日なら運行していると思いますので乗せてもらったらいかがかな。運賃は高いと思いますが(笑)
賑やかな表道とは雰囲気が違い良かったです。
つか
2018/12/04 08:08
☆ もっさん

山コースはこの日は日曜の好天でしたので山の会みたいなグループが居りましたけど、普段は歩く人は少ないと思いますよ。もう少し周回が楽にできると良いですがね。
つか
2018/12/04 08:11
☆ 一歩二歩山歩さん

そうですね、この時期でこれだけ青空が広がる日は少ないですね。私にもたまにはご褒美もくださいな(笑)
又よろしくです。
つか
2018/12/04 08:13
この日は素晴らしい野坂ブルー?でしたね。
最高の気分だったと思いますが
人工物嫌いのつかさんにはどう映ったか?(笑)

トレーニング目的で登る常連さんの中には
ブナ林の中に小さなヌタ場があったと思いますが
表道から山頂へ行き、下ってヌタ場で折り返すのが
パターンのようです。
SIVA
2018/12/04 13:12
☆ SIVAさん

sivaさんのおかげで沢沿いの分岐もよくわかりました。モノレールは物珍しくて違和感はあまりなくこの急斜面によく設置したなと感心していました。
私たちも山頂からこのブナ林まで降りて、ここで食事をして戻るのがいいなと話していました。イワカガミもいっぱいですしね。また機会があればご一緒願います。
つか
2018/12/04 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
野坂岳 つかの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる